当社の取組み状況(2021年7月12時点)

お客様本位の業務運営に関する当社の取組み状況

2021年7月12日
トレイダーズ証券株式会社

2017年8月15日に公表しました「お客様本位の業務運営に関する基本方針」に基づく、2020年度(2020年4月~2021年3月)における当社の具体的な取組み状況をご紹介いたします。

2年連続、FX会社比較ランキングで3冠達成

当社は「個人投資家の皆様に、機関投資家に負けない投資環境をご提供する」ことを経営理念として、2020年度も様々なサービスをリリースいたしました。 「みんなのFX」「LIGHT FX」では、当社オリジナルの投資支援ツール「通貨強弱」と「ヒートマップ」をリリースしました。また、FX初心者や当社サービスの利用者向けに、公式YouTubeアカウントにて金融教育コンテンツの配信を開始しました。コスト面では、主要通貨ペアにおいて業界最狭水準のスプレッドを、高金利通貨において業界最高水準のスワップをご提供し続けました。これらのことが評価され、大手FX比較サイトが発表する2020年のFX会社年間ランキングでは、スプレッド部門・スワップ部門・取引ルール部門の主要3部門において1位に選ばれ、2年連続で3冠を達成することができました。

サービス内容の充実

実際に当社をご利用いただいているお客様向けのアンケートやカスタマーサポートに寄せられたご意見・ご要望をもとに、取引システムの操作性、注文画面のデザイン、また、それに伴う操作マニュアルやホームページの内容の見直しを行っております。2020年夏には、当社オリジナルの投資支援ツール「通貨強弱」と「ヒートマップ」をリリースしました。これらのツールの利用方法を伝えるために、YouTubeによる説明動画コンテンツの配信や、実際の利用者に活用方法をインタビューした記事をホームページ上で公開しました。その結果、約76%のお客様が「通貨強弱は取引する上で役立つ」と回答してくださいました。(※みんなのFXが実施したアプリキャンペーンにおけるアンケート結果 期間:2020年11月2日~2021年1月4日 回答人数:1,212人)
 
また、2020年11月には「みんなのシストレ」のアプリ版取引システムにおいて、お客様のご意見を分析してUI/UXを改善し、より使いやすいアプリに改修しました。
当社において、2020年度(2020年4月~2021年3月)にお客様の声が形になった事例は以下のとおりです。
 
■主な取組み事例内容
2020.5 「スワップNo.1チャレンジキャンペーン」開始
2020.6 公式YouTubeチャンネルにて「井口喜雄のディーラーズアイ」配信開始 
2020.7 LINEアカウント開設
2020.7 通貨の強弱が一目でわかる投資支援ツール「ヒートマップ」導入  
2020.8 通貨の強弱が一目でわかる投資支援ツール「通貨強弱」導入
2020.9 メキシコペソ/円と南アフリカランド/円の1取引の最大発注数量を100Lotから200Lotに変更
2020.10 「ヒートマップ」「通貨強弱」のユーザーインタビューを公開
2020.11 「みんなのシストレ」アプリリニューアル
2021.3  公式YouTubeチャンネルにて「通貨強弱」活用方法の解説動画を公開
2021.3  公式YouTubeチャンネルにて「ヒートマップ」活用方法の解説動画を公開

取引コストの明確化

当社の収益の一部である、「みんなのFX」および「LIGHT FX」における原則固定スプレッド配信実績や、「みんなのオプション」における総取引金額に対する総支払金額の割合等をホームページにて毎月開示しております。2020年度(2020年4月~2021年3月)における実績は以下のとおりです。
 
■「みんなのFX」「LIGHT FX」固定スプレッド配信実績
主要6通貨ペア全てにおいて98%以上と、高い実績(%)となっております。
・米ドル/円:98.31%
・ユーロ/円:98.25%
・ポンド/円:98.26%
・豪ドル/円:98.44%
・ニュージーランドドル/円:98.53%
・ユーロ/米ドル:98.29%
※2020年4月~2020年11月に1か月ごとに算出した原則固定時間(AM8:00~翌日AM5:00 原則固定)のスプレッド配信実績と2020年12月~2021年3月に算出した全時間帯のスプレッド配信実績の平均となります。
 
■「みんなのオプション」取引実績
・ラダーオプション 総取引額に対する総支払額の割合:88.16%
・ラダーオプション 取引口座に対する損失口座の割合:80.38%
・レンジオプション 総取引額に対する総支払額の割合:90.75%
・レンジオプション 取引口座に対する損失口座の割合:65.96%
※2020年4月~2021年3月において、1か月ごとに算出した取引実績の平均となります。
 
■スプレッドに関する主な取組み
・みんなのFXにおける「スプレッド業界最狭水準宣言」
主要6通貨ペア(米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドル、ポンド/円、豪ドル/円、ニュージーランドドル/円)にて、スプレッドを業界最狭水準での提供を継続しています。(みんなのFX、2018年5月7日以降実施中)
 
・「ハッピーアワーキャンペーン」を毎営業日実施中 
「みんなのFX」にて、プレミアムフライデーである毎月最終金曜日の18:00~22:00の4時間限定で、5通貨ペア(月替り)のスプレッドを大幅に縮小する「プレミアムフライデー・ハッピーアワー」を実施。2018年11月から実施していた同キャンペーンが好評だったため、2020年9月から「ハッピーアワーキャンペーン」と名称を変更して毎営業日実施しています。

重要な情報のわかりやすい提供

取引における損失やリスクをお客様にご理解いただくため、市場に影響を及ぼす可能性の高い経済指標やイベント等の特に重要な情報は、ホームページや取引画面のお知らせ等で事前に注意喚起を行っております。2020年度(2020年4月~2021年3月)における実績は以下のとおりです。
 
■経済指標等におけるお知らせ件数
計29件
 
■主なお知らせ内容
・レバレッジ利用に関するご注意
・米国雇用関連指標に伴う取引に関する注意事項について
・トルコリラ/円におけるスワップポイントの変動について
・トルコ金融当局の取引規制に伴う注意事項
・【重要】香港ドルの相場変動に関する注意事項について

お客様にふさわしいサービスの提供

当社はお客様の資産状況や投資経験、知識等に合わせて、投資家の皆様それぞれにふさわしいサービスをご提供できるよう努めています。特にFXが初めての方には、FXの仕組みをしっかりと理解した上でお取引いただけるよう教育コンテンツの作成に注力してきました。2020年6月には、YouTube公式チャンネルにて、当社のディーラーが市況を解説する動画の配信をスタート。他にもFX初心者にもわかりやすいFX入門講座(アニメ動画)や、取引ツールの使い方を説明する動画、視聴者から寄せられたFXに関する質問に答える動画などを数多く配信しました。

社内研修・社外研修

全社員がコンプライアンス意識、倫理観、業務・業界・商品サービスにおける知識等を深く理解し、実践できるよう、定期的に社内研修を実施、また、社外研修および説明会等に参加いたしております。2020年度(2020年4月~2021年3月)における実績は以下のとおりです。
 
■社内研修実施件数
計37件
 
■社外研修および説明会等参加件数
計16件

以上